鳩やゴキブリの被害がある人必見【害虫戦隊駆除するんジャー】

危険性のある種類

危険なハチの種類を知る

ハチに刺される事態は気を付けていても避けられるものではありません。そのような事態に備えてハチの危険性について知っておき、必要ならば退治しましょう。 ハチにはいくつかの種類があり、花粉や蜜を集めるものと、他の昆虫を狩るものがあります。 ミツバチに代表される花粉を集めるハチは大人しく、直接手を出さなければ刺されることはありませんので退治する必要性は低いでしょう。 退治する対象となるのは攻撃性が高く危険な、スズメバチやアシナガバチといった肉食性のハチの方になります。 ただしアシナガバチはスズメバチよりも攻撃性が低く、手出ししなければ攻撃される危険性は低いので無理に退治しようとして刺されることにならないよう気を付けましょう。

退治するにあたっての注意点

単にその場にいるハチを退治するならば、市販されている蜂用の殺虫剤が便利ですが、それがない場合はハエや蚊、ゴキブリ用の殺虫剤でも十分効果があるようです。 近くにたくさんのハチを見かける場合、そばにハチの巣がある可能性があります。その巣を探し出して中にハチがいることを確認したら、専門の業者に駆除を頼むのがもっとも安全で確実です。 もし自身の手で巣を取り除く場合、刺されないように十分準備を整えてから行うようにしましょう。 このような作業用に専門の防護服なども売られていますが、それがない場合は白っぽい厚めの全身を覆う服と頭にはタオルを巻きましょう。ただし、相手がスズメバチの場合、毒針は厚さ1センチの布を貫くほどの威力があるので、やはり専門の防護服を身に着けた方がいいでしょう。